支払いに困った場合

0

支払いが滞った場合

消費者金融などの貸金業者に対して、貸付の契約から完済に至るまで、毎月の返済が順当であれば金融会社と顧客の関係は良好といえます。通常、そういった関係であれば消費者金融会社が顧客に連絡をとるようなこともなく、トラブルが発生することもありません。

ただ、あまり順当に支払いを継続していると、貸付限度額を引き上げる提案の電話があるかもしれません。何しろ金融会社はお金を貸して利子をとるのが仕事なので、優良顧客に対しては貸せるだけお金を貸そうとしてきます。

しかし、こういった良好な関係とは裏腹に、顧客が返済不能となって毎月の支払いを遅延させてしまうと、消費者金融会社は顧客に対して取り立て行為を実施します。

金融業者はこの瞬間、今までの態度を豹変させて厳しい態度で臨んできます。顧客と金融業者との良好な関係とは、毎月きちんと決められた額の支払いを履行してくれてこそ成立するもので、それが履行されなければ金融業者にとってその顧客は優良ではない顧客と区別されてしまいます。

地図

貸金業規制法による規制

貸金業規制法では、債権取り立てについての禁止行為が規定されており、一昔と比べれば過酷な取り立て行為は減少しました。

債務者を脅したり私生活や業務の平穏を害するような言動、その者を困惑させた場合、二年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金に処せられます。さらには、一年以内の業務停止処分の対象となります。

ガイドラインには、どのような行為が脅迫に該当するか、どうような行為が人の私生活や業務の平穏を害する限度に該当するかが、具体的に記載されています。

大声を出して返済の要求をしたり、乱暴な言動を使用しての取り立て行為もNGです。

このような規制法に守られているとはいえ、やはり借りたお金は返済するのが常識です。増えてしまったものが仕方がありません。

借金を減らす努力を講じるべきです。それには、審査の甘い消費者金融でキャッシングをして、債務を一本化するのが一番の近道といえるでしょう。借入件数が減ってくれば、大手や準大手のキャッシング会社で審査が通るようになってきます。

大手のサラリーマン金融は低金利なので元金の充当する割合が増えてくるでしょう。そうすれば完済まであと一息です。

取り立て行為について

消費者金融やキャッシングローン会社でお金を借りれば、元金と利息を支払う義務が発生してきます。通常の取引においては、融資の契約から完済に至るまで消費者金融と顧客との関係は何の問題もありませんし、顧客に連絡があるようなこともないでしょう。

しかし、顧客が支払いを遅延したりすれば、消費者金融側は当然のように催促の連絡をしてきます。そして、遅延が長引けば長引くほど、その催促は厳しくなっていくのが常です。

金融業者側からしてみれば、貸したお金が焦げ付けば大変な損害になるので、どうにかして回収しようと躍起になるのですが、中には厳しい取り立てを実行するキャッシング会社も存在します。

現在では、法律で厳しい取り立て行為は禁止されていますので、一昔前のような熾烈な取り立て行為は行われないようですが、それでもガラの悪い取り立て屋に自宅や勤務先へ来られたら、それだけでも精神的な苦痛を享受してしまうでしょう。

貸金業規制法では、借金取り立て時の禁止行為が規定されています。借金の取り立てについては、その者を脅迫したり債務者の私生活や業務の平穏を害するような言動によって、その者を困惑させる行為は禁止されています。

あまりにも我慢ならない取り立て行為を受ければ、金融関係の相談センターに報告すればよいでしょう。

もっとも、借りたお金は返すのが常識であって、そのような取り立て行為を受ける側にも問題があることは誰の目にも明らかです。

どうしても支払いが出来ないようならば、特定調停や自己破産といった債務整理の道もあります。厳しい取り立て行為を受ける前に、そういった手段を講じるべきでしょう。

当サイトの概要